miyazawaken|爪を切るスパン

miyazawaken

今回のトークテーマは「爪を切るスパン」です。

こういう生活感あふれる話題は個人的には大好きです。

―――――以下補足―――――

爪切り・・・×丸爪○巻爪

足の巻爪は切り方をちゃんとすれば予防できるみたいです。

おそらく深爪になっているのが主な要因である可能性が浮上してきました。

収録した直後に爪切りました。

 

散髪・・・基本的に髪は短く切ってもらっています。

中学の中ごろまで行ってた床屋がつぶれてからは別の床屋に行きました。(2店目)

しかしそこは料金が高く、高校を卒業したとたんに料金が跳ね上がったのでやむなく別の床屋へ・・・

3店目の床屋は料金は安いが自分の要望にあまり答えてもらえることができないことが多々あったので今年ついに別の床屋へ・・・

4店目はなんと友人の実家。料金は3店目よりは高いもののやはり切る人が友人のお父さんということもあってか信頼感がものすごくある。

今は4店目の床屋さんに通っています。

 

鼻毛・・・上記の3店目の床屋さんが初めて処理してくれたのがきっかけでした。

 

ヒゲ・・・髭剃りはT字のやつで電動のシェーバーは持ってません。

シェービングクリームにこだわりはないです。

なお、水曜日(収録日の翌日)にひげ剃りました。

 

へそのゴマについて・・・へそのゴマはどうやらアカと石鹸カスの残りみたいです。

どうやら臭いのが当たり前みたいです。

放置しておくと臭いがやばいらしいので定期的にお手入れした方がいいみたいです。

ググったら以下のお手入れ方法がありました。

お部屋でお手入れするときは、ベビーオイルかオリーブオイル、綿棒、ガーゼなどを用意してください。時間があれば、おへそにオイルを数滴たらして8~10分そのままに。汚れが自然に浮いてくるので、綿棒やガーゼで、やさしく少しずつふき取ります。時間がないときは、綿棒に直接オイルをたっぷり含ませて、やさしくふき取るように汚れを取りましょう。お風呂では、タオルや指に石けんをつけて優しくこするだけでOKです。

参考資料gooヘルスケアより、『「おへそのゴマ」は取ってはいけないの?』から引用

 

耳掃除豆知識(参考文献、Wikipedia)

外耳道(耳の穴)は、骨部と軟骨部に分かれている。骨部が内側で、軟骨部が外側である。皮膚は鼓膜がある内側から外側へ移動するように出来ており、正常であれば、奥に耳垢はたまることなく、軟骨部と骨部の移行部まで出てくる。すなわち、耳を掃除するのは、見える範囲内でいいということになる。

耳垢は弱酸性であり、殺菌剤としての役割を果す。虫の多い季節・地域で、外耳道に虫が入り、耳鼻科医の診察を受ける患者はごく普通に存在する。患者の共通点は耳垢がないことである。耳垢には防虫効果があると言われている。耳垢にはこのような特長が備わっているため、外耳道を清潔にするために行ったはずの耳掃除が菌や虫の生息に適した環境作りとなる可能性がある。生活環境等にもよるが、耳掃除の頻度に留意する必要がある。

・・・虫怖っ!

 

The following two tabs change content below.
miyazawaken

miyazawaken

ゲーム系専門学校一年生です。野球とガンダムをこよなく愛する巨人ファン。基本的にダメ人間、脳みそもいろんな意味で残念
miyazawaken

最新記事 by miyazawaken (全て見る)

アクセスランキング参加中!

にほんブログ村 ネットブログ ポッドキャスティングへ
にほんブログ村